31歳(男)一歩一歩断酒の日々

アルコール依存症の31歳男です。 自分のこれからの人生とお酒の関係を見直していき、飲まないで生きていく日々を綴っていきたいと思います。お酒をやめたい方、やめている方、やめてほしい方が近くにいる方、全然お酒関係ない方、どうぞよろしくお願いいたします!私の自己過去紹介&お酒に捕まった生き方はコチラからご覧ください。→http://kuturogi-human.blog.jp/archives/1067924824.html

お酒のない日々を綴っていきます♪

2017年10月

お越しいただきありがとうございます。



前回まで、これまでの生き方やお酒を乱用し始めたころについて書いてきました。



幼少期の生活環境や性格はコチラ→【断酒・禁酒ブログ】自己紹介①:私の生き方とアルコールの飲み方



前回のブログ記事はコチラ→【断酒・禁酒ブログ】自己過去紹介⑦:はじめての精神病院退院とその後



出席日数


仕事をやめて実家に逃げ帰り、職業訓練校に通い始めましたがお酒は依然として止まることはありませんでした。


そんな中で、あと数回休むと訓練修了に必要な日数が足りなくなると担当の先生からお話しがありました。



幸運だったのはこの担当の先生が本当に心から尊敬できる素晴らしい方で、何となく私の状況を察して下さり、「お前は怠け者だ!」という態度ではなく「事情があると思うけど負けないで!一緒に終了とその先の人生を切り開いていきましょう」


という旨の激励を下さりました。当時、何をやっても続かないと心が痩せ切った私の心に染みわたる言葉でした。


そして、もう1つ。



膵臓からくる鈍痛でベッドから動けなかった時です。母が胃薬をもってきてくれました。職業訓練校に通いはじめる事を応援してくれていたので、母なりのエールだったのだと思います。



膵臓の痛みなので胃薬は全く効きませんでしたが、その優しさと励ましも心に響きました。



この日から、もう一度お酒をやめて訓練校に通って修了しようと決意しました。




数日間は手は震え、汗は滝のようにでてきました。
集中力も散漫でしたが離脱症状のピーク3日間が週末だったので自宅で耐えきりました。



そのあとは休むことなく6か月間の訓練に通うことができました。



Excel、Wordの資格、秘書検定を取得することができ、


慣れてきたころから、職業訓練校の後に自動車学校にも通いはじめて自動車運転免許も取得する事ができました。



職を失い、家の居場所もなかった状態でしたが



支えてくれる方々のおかげで、お酒を断ち資格まで取得する事ができました。



再就職


職業訓練の後半は就職活動も並行して行いました。


事務系の資格は取得しましたが、スポーツ経験を活かした仕事をしたいとずっと思っていました。
正直、これを選んだ理由は大学を中退して両親に申し訳がなかったからでした。


スポーツ経験を活かせる仕事は田舎町には中々見つからず、範囲をひろげて探してみたところ、とてもいい仕事内容を見つけました。



東京に




東京で数社新幹線に乗って面接を受けに行きましたが、最も条件のよさそうなところに就職を決める事ができました。



そして、職業訓練校を修了した年明けにまた学生以来の1人暮らしの挑戦の為に再度上京をしました。




28歳になる年でした。



駄文をここまで読んでいただきたいありがとうございます
↓クリックでの応援よろしくお願いいたします
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村



暗い内容が続いていますが、現在はお酒がなくても日々過ごせています。今、私がお酒の代わりに飲んでいるのはウォーターサーバーのお水です→【禁酒・断酒中の代わりの飲み物】冷たくておいしい!プレミアムウォー
ター♪

お越しいただきありがとうございます。



前回まで、これまでの生き方やお酒を乱用し始めたころについて書いてきました。



幼少期の生活環境や性格はコチラ→【断酒・禁酒ブログ】自己紹介①:私の生き方とアルコールの飲み方


学生時代の性格や考え方、お酒に至った経緯はコチラ→【【断酒・禁酒ブログ】自己紹介②:学生時代の私の生き方とアルコールの飲み方




初スリップ


妹との出掛け先での初のスリップ。


このつまらない日々をもう一度打開してくれる、楽しく彩ってくれる。そう思ってすがるような気持ちで飲んだお酒は期待よりもずっと美味しくも刺激的でもありませんでした。


入院でアルコール依存症と診断されて、「最初の1杯に手を付けてはいけない」と教えてもらっていましたし、入院した事を台無しにする罪悪感はありましたが

「自分は20代で若いし他の人とは違う、コントロールが効く範囲で飲めばいいんだ」
勝手に都合よく解釈しスリップをきっかけにのみはじめました。


これはまずい、病院にまた行こう。とは全く思えませんでした。


また、お酒を飲む日常に戻りました。
今度はお酒を飲んでいる事が会社の人にばれたらまずい、首になる。そう思いましたが、そううまく晩酌だけ飲めていたのはほんの数日でした。


自分でコントロールできると思って考えていたのですが、驚愕のコントロール不能でした。
迫る欲求を我慢なんてとてもできませんでした。


結局入院前よりもひどい飲み方になっていきました。


仕事中に酔って寝ていたことが一番印象に残っています。
仕事中に酔いつぶれているなんて論外です。


同じ会社で2度目の入院はありませんでした、
やっぱりそうなったか、という雰囲気で会社の同僚に見られながら社会人2つ目の職場を3年勤めて退職しました。



27歳でした。



実家に逃げ帰り、再就職


また実家に逃げ戻ります。



前回は3年前に学校と仕事をやめて東京から


今回は仕事をやめて隣町から



両親もあきれ果てていました。



しかし、帰ってまもなくはお酒がとまりませんでした。
やることがはっきりしておらず、時間の限り飲んでいました。


母親は大激怒。出て行けと終始言われていました。
今までずっと擁護してくれていた父親もかばいきれない様子でした、


肩身が狭く、家にいたくありませんがとても1人暮らしできる資金も体調でもなく言われないよう隠して飲むようにしていました。


自分でもお酒をやめなければ再就職に向かって動き出せないと思っていましたが、止まりません。
とにかく時間があれば飲んでしまうので仕事をすればなんとかなると思い、ハローワークに足を運びました。


実家から歩いて10分、自転車で5分の場所にありましたがお酒を飲んでいると行くと決めてから足を運ぶのに数日かかりました。


再就職の為に足を運びましたが、なんと職業訓練というものがありお金をもらいながら次の仕事に向けての勉強ができる制度があることを知りました。


大学を中退した劣等感で勉強というものに飢えていたのでとても魅かれました。

これなら生活リズムを整えながら勉強して、仕事に向かうことができると思い受講を決意しました。
両親にも伝えたところ、安心した様子でそれから家の中での仕事(夕食係、掃除係)を引き受けて居場所をつくることができました。


ところが、お酒は止まりません。
受講がはじまるまでの1か月弱の間にお酒の量が増えていき、受講の1~2日前から膵炎と思われる鈍痛が起こり動けなくなって職業訓練の最初の数日いく事ができませんでした。



痛みはどんどん強くなりますが、お酒への離脱症状もあり(私の離脱症状はこちらに書いてあります)お酒は飲み続けていました。



職業訓練には痛みが和らいでいる日に行きますが、行っても昼休みにコンビニでお酒を買って飲んでいるようなありさま。講義中もお酒が頭をよぎっていました。


そんな調子で通っていると訓練校の先生に、出席日数がもう少しで足りなくなる。
訓練の中止になってしまうという旨のお話しがありました。



大学の頃が頭をよぎりました。



またダメか。








駄文をここまで読んでいただきたいありがとうございます
↓クリックでの応援よろしくお願いいたします
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村



暗い内容が続いていますが、現在はお酒がなくても日々過ごせています。今、私がお酒の代わりに飲んでいるのはウォーターサーバーのお水です→【禁酒・断酒中の代わりの飲み物】冷たくておいしい!プレミアムウォー
ター♪

お越しいただきありがとうございます。



前回まで、これまでの生き方やお酒を乱用し始めたころについて書いてきました。



幼少期の生活環境や性格はコチラ→【断酒・禁酒ブログ】自己紹介①:私の生き方とアルコールの飲み方


学生時代の性格や考え方、お酒に至った経緯はコチラ→【【断酒・禁酒ブログ】自己紹介②:学生時代の私の生き方とアルコールの飲み方




精神病院への通院


急性膵炎での入退院を繰り返し、両親や良くして下さる方々へ申し訳ない、情けない気持ちやどうしようもない状況から抜け出す為に精神病院への紹介状を内科の担当の先生に書いてもらいました。


会社が休みの日、その病院に向かう為新幹線で1時間かけて病院の最寄り駅へ。
そこからバスで30分弱。
通院はかなり厳しい立地条件でした。

当たり前のように車中ではお酒をガブガブ飲みながら病院へと向かいました。


1時間近い時間看護師さんか、ソーシャルワーカーさんの事前の聞き取りの後に
先生の診察がありました。


事前の聞き取りは、家族構成や今のお酒の飲み方。
これまでお酒により生きづらいと感じた事はないか?
というようなものとコチラの以前のブログにリンクを張ったKASTというチェック表を記入した覚えがあります。


その後先生からの問診がありました。
問診まで時間がかかるという事を看護師さんから聞いた為、私は昼食を外に食べにいく事にしました。その際もラーメン屋さんでビールを飲みながら餃子をつまみ、時間をつぶしました。


病院に戻った頃にはいい気分。待合ベンチに座るとすぐに問診の順番がやってきました。
その時のやりとりは、正直に自分のお酒の量などを話そうとせずに
少し隠しながら話した事を覚えています。→このようなやりとりでした。


それでも問診の最後、私はアルコール依存症である事が告げられました。

薄々は感じていましたが、本格的に告げらて現実がうまくのみ込めていない私に向けて先生はさらに、治療方法は断酒するしかないという追い打ちをかけてきます。

・入院をするか
・通院をするか


この選択を迫られました。
私はとくに入院をすすめられました。

自分で何とかしようと病院に足を運んだこと、まだ若い事が理由だったようです。

私は正直、断酒するという選択肢は頭にはなかったのですが今の状況はなんとかしたいという強い気持ちがあったので入院する事を決めました。



精神病院への3か月の入院


一度目の外来で入院する事を決めましたが、県内で唯一のアルコール依存症治療ができる病院。
20日間の待ち時間がありました。


その間も仕事に行っていました。
しかし、この間の飲み方が一番ひどかったです。


リゾート地のフロント業務をしていましたが、フロント内でも飲んでいました。
1組の接客が終わるとしゃがみ込み、胸ポケットに忍ばせたウィスキーをごくり。

お酒がなくなると館内の見回りと言ってフロントを離れ、飲料場にあるウィスキーを補充。
そしてサーバーからひねってビールを飲んだり、ワインボトルを一気飲みしたりとひどいありさま。


記憶をとばしながら仕事をしている事もありました。



膵臓の痛みが少しでる直前の鈍痛、ひどい顔のむくみと、身体の怠さで20日間を過ごしいよいよ入院する日がやってきました。


細かい入院の過ごし方については別に書いていきたいと思いますが、一度目の入院ではとてもアルコール依存症を認め、断酒をしていこうと思う事ができませんでした。


というのも、お酒を飲み続けてひどい状況になっていたことへの後悔や反省はあるのですが
「また同じように飲まなければいい」
そう思っていました。


アルコール依存症だと知らなかったから抗う事をせず、飲みすぎていた。
アルコールが身体に及ぼす影響はよくわかったから飲みすぎてはいけない、自分は他の患者たちとは違って飲みすぎてはいけないと思えばコントロールできるはず。


欲球のコントロールを自分ならできる。そう思い、まずはたばこで練習しようと考え、それまで吸っていたたばこをやめました。吸いたくなる気持ちはありましたが、「これが我慢できれば、お酒もコントロールできる」という訳の分からない理論を頭の中で展開していました。


意味不明です。ただ、その時は本気でした。そして本気でたばこはやめることができました。



入院生活自体も苦痛でした。
お酒が抜けた事で精神のバランスを保つことができず、怒りの感情と切なさが代わる代わる襲ってきて最悪の気分でした。


まわりの入院患者は年上の方ばかり、可愛がってもらうというよりはいじられてウザったくて仕方ありません。今なら全く問題ないと思いますが、その時の精神状態では誰も受け入れることができなかったと思います。


そんな後ろ向きな気持ちをもって入院生活を過ごし、3か月間が経ちます。
具体的な退院後の治療方法も考えずに退院をしました。


ただ、入院してよかった事ももちろんあります。
というよりもお酒を抜く事で良くなったことです。

・睡眠の質が格段に上がった
・カラダが羽のように軽い
・むくみがとれて顔がすっきりした
・肌艶がよくなった
・ご飯が美味しく感じるようになった&食欲がでた
・お金を使わないので、金銭的な不安が軽減された
・集中力が少し戻った
・様々なものに興味がもてるようになってきた

などがあります。いくつかについては→コチラに詳しく書かせていただいています。


退院してすぐに仕事に戻ります。



しばらくはフレッシュな気持ちで仕事を行います。
すごいのは身体が比べられない程に楽な事です。肝臓のγ-GTPが入院時にはとんでも数値になっていましたので、身体が相当怠かったのでしょう。

仕事にも集中して取り組むことができいたと思います。


しかし、何だか日々刺激が足りません。
つまらないように感じて仕方がないのです。


そして、以前よりも話がうまくできない気がします。
朝も元気がでない気がします。
食事も美味しいのですが、満腹でも満足していないような気持になりました。



面白くない日々・・・
退院して1か月程したある日、仲良しの妹と車で出かけました。
いつもなら楽しく過ごせますが、楽しく感じません。



こんなのじゃだめだ。楽しくもないし、生きている意味がない。
そう思った、外出先のショッピングモール。



妹がユニクロで洋服を見ている最中、トイレに行くと嘘をつき
輸入食品を扱うテナントでベルギービールを買い
トイレに入って
罪悪感と戦うこと1秒
一気に飲み干しました


こんな味だったかな
大して美味しくないな


そう感じました


最初のスリップでした


駄文をここまで読んでいただきたいありがとうございます
↓クリックでの応援よろしくお願いいたします
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村



暗い内容が続いていますが、現在はお酒がなくても日々過ごせています。今、私がお酒の代わりに飲んでいるのはウォーターサーバーのお水です→【禁酒・断酒中の代わりの飲み物】冷たくておいしい!プレミアムウォーター♪

お越しいただきありがとうございます。



前回まで、これまでの生き方やお酒を乱用し始めたころについて書いてきました。



幼少期の生活環境や性格はコチラ→【断酒・禁酒ブログ】自己紹介①:私の生き方とアルコールの飲み方


学生時代の性格や考え方、お酒に至った経緯はコチラ→【断酒・禁酒ブログ】自己紹介②:学生時代の私の生き方とアルコールの飲み方




Uターン



明るい未来に向かって上京したはずが、5年間自己中心的な考えで人間関係を築く事ができず、もっと自分を活かせる居場所があるのではないかなど環境や人のせいにしていました。



現実を受け入れられず酒に溺れて、実家に逃げ帰りました。



両親、とくに母は自分が育てた子供の情けなさと投資が無駄になった気持ちが抑えられない様子でした。



帰ってからしばらくは会話もない状態。



しかし、少しずつ私がもう一度やり直していきたいという事を受け入れはじめてくれました。



そして、実家にいると不思議とお酒を飲まずとも過ごすことができ、気持ちも徐々に前向きになっていきました。数か月で私は就職活動を開始、隣町のリゾート地で働く事になりました。



両親も就職先が決まり、とても喜んでくれました。




私自身も今度こそ・・・という気持ちで新たな職場にむかいました。



入社


リゾート地で働くことにした理由は1つ、これまでサービス業しかしたことがなかったからです。


この会社は寮制で実家からの通勤ではなく、また1人暮らしがはじまりました。
引っ越しは両親ともに来てくれて、「今度こそ頑張れよ!お前なら大丈夫だ!」
と声を掛けてくれました。


そして、新たな職場へ。
はじめて従業員が多い組織に入ります。


最初は仕事を覚えるのに必死。お酒もほとんど飲んでいませんでした。
入社して半年程はそんな日々が続いていたように思います。


ですが、根本は学生時代からの自己中心的で自分本位な考え方の私は組織の中で協調性を保つことが少しずつできなくなってきます。


ところが、それを救ってくれていたのは当時の上司でした。仕事上のミスだけではなく、私の人間としての欠点を親以上に厳しく指導して下さりました。私のねじ曲がった性格や自己中心的な考えを叩き壊してくれようとしました。


今思えば本当にありがたい事ですが、当時の私は性格を改善する前にメンタルが壊れてしまいました。



「また今日も怒られるのでは?」「機嫌が悪いのは自分が何かしたんじゃないのか?」
帰ってもそんなことばかり考え、悶々とした気持ちになる日が多くなりました。



そこでまたお酒にまた手を出しはじめます。
最初は発泡酒の500mlを数本飲んでいましたが、どんどん量が増えていきます。



すると、二日酔いで酒くさい日などがあり、更に上司からの私へのあたりが厳しくなってきます。



それで量だけでなくアルコール度数も高くなり、しまいには小瓶のウィスキーをくわえながら愚痴ぐちとひとり言を呟きながら帰っている日々でした。お酒がなければこの時は気持ちを落ち着けることができないと思っていました。


業務を覚えていくにつれて勤務時間が不規則になっていきます。
すると、お酒を気持ちを落ち着ける為だけではなく、睡眠薬としても使うようになります。
お酒で記憶をとばして眠る睡眠方法が確立されます。


酒臭さに加えて遅刻するようになり、いよいよ上司からは無視されるようになっていきます。
もうどうしたらいいのかわかりませんでした。


自分が悪いとは思いますが、お酒を手放して気持ちを保つことは到底できませんでした。
お酒のおかげで生活できていましたし、お酒の為に仕事をしていました。


仕事にはいきたくないし、寝ようと思ってベッドに入れば悪い想像がぐるぐる回ってきます。
どうしたらいいのかわからず、泣きながら飲んでは次の日はひどい顔。
上司とは不仲で、会社でも雰囲気を悪くする毎日でした。


ところが、ある朝。二日酔いで起き、喉の渇きを潤すために冷蔵庫にあった発泡酒をたまたま飲んで仕事に行った日がありました。

いつもの上司への怖い気持ちや、億劫な気持ちがスッキリ晴れて心に元気がみなぎって感じました。


お酒は万能薬。すごいとその時思いました。



上司からの対応は変わらないのですが、自分の中で全く気にせずいられます。
いつも気持ち良く仕事ができ、毎日仕事前に飲むようになりました。


朝の歯磨きを血が出るほど行ない、ブレスケア用品をしこたま使いながら朝飲み続ける日々。



ところが、効果が徐々に短くなってきます。


仕事中に万能薬の効き目が弱くなるので、仕事の最中にも飲むようになります。
宿泊施設なので、仕事中のお酒には全く困ることはありませんでした。

あちこちにストックがあります。


飲み放題です。



お酒を飲み続けながら仕事をしていました。



連続飲酒になります。




そんな日々を2週間程過ごしたある日、
朝起きると腹部と背部に呼吸困難な程に凄まじい痛みが走りました。



「死ぬ」と思いました。




入院



病名は「急性膵炎でした」



緊急入院で20日間絶食入院・・・



退院して、仕事に戻ります。


主治医からはお酒は絶対に飲んではいけないと言われました。



膵炎の痛みは恐怖でしたが、もうあの痛みはおこらないかもしれないという考えと、
お酒なしでは仕事、生活はできないという考えですぐにお酒に手を出します。


1か月後、同じ急性膵炎。


その1年間で合計4回、入院退院を繰り返しました。



はじめは会社の人たちもお見舞いに来てくれましたが、4回目にはもう誰も来てくれませんでした。



唯一来てくれたのは、両親でした。


入社してお酒を飲み始めてからは連絡を取っていませんでしたが、会社から連絡があったのか突然病室に現れました。



私は鼻に管が入っていてうまく言葉が話せず、痛みで起き上がることができなかったのですがとても安心した気持ちになりました。



ところが、2人とも何も言わずに悲しい顔をして帰っていきました。
何度実家を送りだしても結局は情けない姿にしかない自分をどんな気持ちで見ていたのかは想像もつきません。



「頑張れ!お前ならできる!」と送り出してくれる両親を何度裏切るのか、他のこれまで良くしてくれた人たちの思いも無下にし、なんでこんな生き方しかできないのかと考えると情けなくて悔しくて涙が止まりませんでした。



ここではじめて、主治医の先生にどうしたらいいのかわからないと相談をしました。



答えとして渡されたのは、アルコールをやめる為の病院への紹介状でした。



26歳になっていました。






駄文をここまで読んでいただきたいありがとうございます
↓クリックでの応援よろしくお願いいたします
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村



何だかここ数回暗い内容ですが・・・
お酒をやめている今感じているメリットはコチラに書きました→http://kuturogi-human.blog.jp/archives/1067504995.html

お越しいただきありがとうございます。



前回まで、これまでの生き方やお酒を乱用し始めたころについて書いてきました。



幼少期の生活環境や性格はコチラ→【断酒・禁酒ブログ】自己過去紹介⑥:私の生き方とアルコールの飲み方


学生時代の性格や考え方、お酒に至った経緯はコチラ→【断酒・禁酒ブログ】自己紹介:学生時代の私の生き方とアルコールの飲み方


大学を中退して社会人になってからの飲み方はコチラ→【断酒・禁酒ブログ】自己紹介:社会人になるまでの私の生き方とアルコールの飲み方



バーテンダーの仕事

酒に溺れ、自分の考え方を変えられず大学をやめた後、学生生活を棒に振るってでも飲む程に「お酒が好きだ」と思っていた私は、この道しかないと思ってバーの門を叩きました。

経験もない私を1件のバーが雇い入れてくれました。


当時の私の心境はかなり追い詰められていました。
大学をやめて、居酒屋のアルバイトの経験しかない自分はどこも仕事をする事ができないと。


そんな中ではじめたバーテンダーの仕事は正直しんどいものでした。

何がしんどいと感じたか。


・職場環境

・接客です


職場環境は、まず職人肌の方々とのコミュニケーションがつまらなく感じました。
自分中心の考え方で、相手に気を遣う事ができなかった私は、さぞ可愛くなかったと思います。

片付けや、頼まれる仕事を押し付けられていると感じていましたし、
いつも愚痴っぽく、ケチな店長を煙たく感じていました。


与えられている仕事をありがたいと思えていませんでした。


そして、職場の勤務時間も15時間程度でとても長く、つまらなく感じている気持ちを加速させていきました。


接客はバーでの大切なお仕事ですが、しんどく感じました。

お客様は年上の方や落ち着いた雰囲気の方が多かったのですが、何を話したらいいのか全くわかりませんでした。灰皿を変えたり、オーダーを聞く作業は問題なくできるようになっていきましたが、お客様と時間を一緒に過ごすという事がとてもできませんでした。


経験不足ということもありましたが、「なんでもいいから話してみよう」とか「お客様のお話を聞いてみよう」と前向きに向かっていなかったからだと今は思います。


楽しみは勉強と称して飲む大量の高級酒達でした。


そんな気持ちで数か月働いていると、私はバーテンダーとしての仕事に憧れていたのではなく、単にお酒を人より飲んでいたからお酒が仕事として飲めるバーテンダーをしようと思っていただけだと気付いてきました。


仕事だから、勉強だからとお酒を飲むことを自分の中で正当化していました。


しかし、自分の仕事に対するいい加減な気持ちと、給料があまりに少なくこの先どうなるのかわからない、そんな不安な気持ちがまたも飲酒を加速させていきました。


働き始めて1年近く経った、とある12月。
バーにとって繁忙期、この12月中は一日も休みはありませんでした。


精神的にも肉体的にも限界で働いた年明け、連絡せずに職場から逃げました。
その日も1日中酒をかっくらって、その勢いでバックレたのです。


職場からすぐ近くに住んでいたため、家にいると見つかるかもしれないと思い。
酔っぱらって電車で1時間ほどのところにある妹の家に逃げ込みました。


そこでも酒を飲みあさり、妹にお金を借り、飲み、騒いで迷惑をかけました。


住んでいたアパートは怖くてそのまま戻れず、解約して引き払いました。


そのまま妹の1ルームのアパートに住み込みました。
仕事は、紹介で居酒屋のアルバイトをはじめました。


そこもすごい職場でした。法律で禁止されているもの葉っぱのような物をお客さんや店長が吸ったり、紋々が入った方々がたくさんきているようなところでした。お客さん同士の喧嘩もしょっちゅうで、自分もここまできたかと思いました。


働きながら飲み、仕事が終わってからも飲み、お酒をずっと飲んで過ごしましたが数か月でその職場も逃げ出しました。ある、仕事が終わった朝に新幹線に飛び乗り実家に逃げ戻りました。



18歳で大学に行くために上京し、23歳で大学を中退して仕事を2つバックレて実家に逃げ戻りました。

何も成長せず、自分の問題をお酒を飲んで逃げ続けた5年余りでした。



続きはコチラ→断酒・禁酒ブログ】自己過去紹介⑤:私の生き方と治療に繋がるきっかけ



駄文をここまで読んでいただきたいありがとうございます
↓クリックでの応援よろしくお願いいたします
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ